トップへ » 当院が選ばれる理由 » あなたはどのタイプ? » 受け口で悩んでいます

受け口で悩んでいます

●口を閉じると、下の歯列が上の歯列よりも前に出ている
●顎がしゃくれている
●下顎が発達しすぎている
●上手く咀嚼ができない
●言葉が聞き取りにくい、と言われることがある
「反対咬合(はんたいこうごう)」である可能性があります。一般的には「受け口」と言われます。遺伝的な要因もありますが、上唇を噛んだり、舌を突き出す等の癖が原因となっていることもあります。永久歯が生え揃った状態での反対咬合には、矯正以外の治療方法はありません。

受け口
前歯が反対咬合の場合は通常、上下4本の前歯が生え揃ってからの時期が治療開始の目安がよいと云われています。前歯が奇麗に生え揃う隙間がない場合には、早期に治療を開始することによって、良好な治療結果を得る事ができます。 このケースでは、永久歯の抜歯を回避する事が可能となりました。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » あなたはどのタイプ? » 受け口で悩んでいます


コールバック予約