トップへ » 当院が選ばれる理由 » 子供の矯正ガイド » 子供の矯正はいつから始めるのがよいのでしょう?

子供の矯正はいつから始めるのがよいのでしょう?

日本矯正歯科学会では、7歳半までに受診されることを推奨しています。7歳前後を推奨するのは、歯が生え始める時期と関連しています。

この時期は永久歯の前歯が萌出を始める時期なので、お子さんの噛み合わせが今後どのように変化していくのかある程度の傾向を把握することができるのです。

ただひとついえることは、骨格の不調和をそのままにしておくと、5年後・10年後には不調和が更に大きくなってしまい、その結果、矯正治療も難しくなってしまう場合があります。もし、お子さんの歯並びが気になるようでしたら、なるべく早めに矯正専門医院を訪ねてみることをオススメいたします。

こんな歯並びの場合には、早期の治療をオススメします

前歯の噛み合わせが反対(前歯部反対咬合)
歯列矯正治療は、全部が永久歯になっていないと出来ないと思っている方がいます。でも、実際はそうではなく、適切な時期に、必要な処置を行う。これが、正解です。
 反対咬合(受け口)は見た目に判りやすい問題なので、保護者の方も気になって受診される場合が多いものです。

写真のケースは、上の前歯がまだ2本しか生えていません。歯列矯正専門ではない歯科医院で相談したところ、全部が永久歯になってからでも遅くはないと云われたのことですが不安になって来院されました。

 前歯の咬み合わせは完全に反対で、側切歯(2番目の前歯)の生える隙間も足りない事が判ります。つまり、全部永久歯になるのを待っていると「より悪い状態になってから治療を開始する」ことになり何となくおかしくありませんか?

歯列矯正のために検査を行ったところ、骨格的には下顎が大きい傾向が認められ、放置すれば骨格的な問題に移行するので早期治療が望ましいと判断、治療を開始しました。

 治療後6ヶ月の写真です。前歯の咬み合わせが変化して、側切歯の生える隙間も自然に確保できました。前歯の表側には一切装置を使用していません。つまり、早期治療によって前歯部の自然な並びが確保できたという事になります。

永久歯への交換が完了するまで経過観察となりましたが、本格的な矯正治療を行う必要はないと考えています。

早期の治療開始の実際例(開咬)
 開咬(カイコウ):奥歯が咬んでいるのに前歯が咬んでいない状態。

前歯の先をよく見ると、少しギザギザになっています。これは、エナメル質ができる過程がそのまま残っている状態です。
つまり永久歯がはえてから、一度も上下の歯が接触することなく、摩耗していない事を示しています。

 このような開咬の多くは、舌の突出癖や指しゃぶりが原因と云われています。舌の突出を抑制する装置を使用して歯に直接力が加わるような装置を使用をしなくても、開咬は改善されます。
早期に治療を開始する最大のメリットは、治療が困難な骨格的な問題が重篤化する前に対応することが出来ることです。
また、永久歯の抜歯による治療の可能性を少なくできることです。永久歯の抜歯による治療をできるだけ回避したいと考えていますが、出来ること、出来ないことがあるためすべての症例を非抜歯で治療するということが確約できるわけではありません。

 前歯部反対咬合の治療例
確実な事は早く受診すれば、適切な時期まで待つ事は可能です。適切な時期を逃せば、治療が困難な方向になる場合が多くなります。
 


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 子供の矯正ガイド » 子供の矯正はいつから始めるのがよいのでしょう?


コールバック予約