トップへ » 当院が選ばれる理由 » 子供の矯正ガイド » 子供の矯正ではどんな装置を使うのですか?

子供の矯正ではどんな装置を使うのですか?

子供の矯正第1期治療では上下顎骨の成長をコントロールし、バランスのよい顔の形により近づけたり、第2期治療の際に歯を抜かなくても治療できる可能性が高まることがあります。この時期は、いわゆる固定するワイヤー式の装置を使わず、取り外しのできる矯正装置を使用します。

ムーシールド
ムーシールドとは、3歳くらいからの受け口の治療に対応できる矯正装置です。取り外しができるマウスピース型の矯正装置で、寝ている間に使用するだけで受け口を改善できます。


バイオネーター
子供自身の筋肉の力を利用して下顎の成長を促したり、歯列を左右に広げる装置です。夜、就寝時にくわえておくだけで、いわゆる"出っ歯"を改善できます。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 子供の矯正ガイド » 子供の矯正ではどんな装置を使うのですか?


コールバック予約