トップへ » オフィスホワイトニング用薬剤について教えてください

オフィスホワイトニング用薬剤について教えてください

過酸化水素は分解が早くオフィスホワイトニングに向いています。この分解に作用しているのが、触媒とそれを活性化させる光です。

ホワイトニング剤の製造メーカーはこの触媒、光の開発にしのぎを削っているといわれています。過酸化水素の場合35%を超えると歯にダメージを与える可能性があり、それより低濃度のものがオススメです。通常30%前後の濃度を使用します。日本人の場合エナメル質が白人に比べて薄いので、それ以上長い時間作用させた場合、知覚過敏などの不快症状が高い割合で発生します。

1日のホワイトニングプログラムは約10分×3回程度が妥当です。それを超えてホワイトニングすることも可能ですが、白人のようにエナメル質の厚い歯には問題なく行えますが、日本人の場合には一日のプログラムが1時間を越えるホワイトニングシステムはあまりオススメではありません。

ホワイトニングについて
診療予約はこちらから


トップへ » オフィスホワイトニング用薬剤について教えてください


コールバック予約