トップへ » ホワイトニング剤の成分について

ホワイトニング剤の成分について

オフィスホワイトニングに使用する主成分は過酸化水素を、ホームホワイトニングは過酸化尿素です。過酸化尿素は酸化反応の過程で過酸化水素に変化するため、ホワイトニング剤=過酸化水素といえます。過酸化尿素は過酸化水素に比べて酸化反応が緩慢です。そのためじっくり時間をかけて行うホームホワイトニングに適しています。

過酸化水素は、いわゆるオキシドールと同じ成分です。オキシドールは3%の過酸化水素、オフィスホワイトニングに使用する過酸化水素は35%、過酸化尿素は10− 21%を使用します。過酸化水素の安全性ですが、低濃度のものは、オキシドールに代表されるように安全で広く普及しています。

ホワイトニングに使用する薬剤には、過酸化水素以外に増粘剤と触媒等が配合されています。過酸化水素単独の場合、液体のため、流動性が良すぎて歯の表面に一定時間留まってくれないことと、すぐに乾燥してしまうため十分な漂白効果を得ることができません。
歯に長く滞留させるための増粘剤として、シリカやグリセリンなどの無機化合物を使用し、歯の表面で長時間作用しやすくしています。

触媒は、過酸化水素の酸化反応課程で生じるフリーラジカルの量を増やすために使用します。光に対する触媒では、 酸化チタン等が代表的なものです。

ホワイトニングについて
診療予約はこちらから


トップへ » ホワイトニング剤の成分について


コールバック予約